1  日目. モスクワ, 中央ロシア.

そっくりさん

シベリアのノボシビルスク出身です。地元で20年近く毛皮販売のビジネスをやっていました。ある日、友達と食事をしていた時のことです。彼女の小さな息子がテレビの映像に釘付けになっていました。

「ママ!あれワーシャおじさんだよ!」

画面に映っていたのはプーチンでした。プーチンが大統領になって以来、私はプーチンになったんです。すぐに私のあだ名はプーチンになりました。地元の毛皮業界の人間は私の本名を知らないくらいでした。

パフォーマンスの機会を求めて、年に3、4回モスクワに来るような生活を5年くらしていました。2015年の5月のことです。自分の店が火事に遭いました。原因は放火で、店の入っていたショッピングセンター全体が焼けてしまいました。数百万ルーブル分の商品も店も灰となり、店仕舞いする他ありませんでした。そんな状況で追い立てられるようにモスクワにやってきました。たどり着いたのは赤の広場でした。そこでプーチンのそっくりさんとして生計を立てる生活が始まりました。

歩き方をまねるのは難しくありません。見た目はそっくり。身長もぴったりです。そこで私は、顔の動き、しゃべり方や言葉遣いに集中することにしました。表情はもともと似ていましたが、本物に少しでも近づけるように努力しました。最初の4年間はそんな風に過ぎて行きました。

プーチン政権が2期目に入ったころには、自分のパフォーマンスにだいぶ手ごたえを感じるようになっていました。そして広告を打って宣伝し始めると、ウクライナから議員パーティーの仕事が舞い込みました。それはクリミアのヤルタで行われた議員の結婚日記念パーティーでした。主役である夫の議員は何も知りません。「大変な方がゲストとしてお祝いに駆けつけてくれました!」アナウンスが入ると、私は警護用っぽい車両で会場に乗りつけます。彼は何が起こっているのか全く理解できません。まさか本当にプーチンがきたのか?それとも何かの悪い冗談か?パニックになった彼はその場でひどく取り乱し、パーティーから3日間、仕掛け人である妻と一言も口を聞かなかったそうです。

お祝いの席に呼ばれることが多いですね。費用は3万ルーブルくらい。それくらいの金額をポンと出せるくらいの人たちですから、自分でビジネスをやっている人や政治家が多いです。

赤の広場での私のパフォーマンスに対する反応は様々です。だいたいみんな驚きます。中国人観光客なんかは大げさに喜んでくれますね。俺たちの親友プーチン!とか言って。よく知らないけど、中国にはいろいろと便宜を図ってるんでしょう。習近平とはうまくやってるみたいだし。

通勤途中で気づかれることも多いですよ。家で衣装に着替えてから出かけるので。たいていの人は私の姿を見つけて笑顔になります。ネガティブな反応ももちろんあります。特にプーチンの言動や政治のやり方に対して不満を持っている人たちは、私が地獄に落ちて死んで欲しいとおおっぴらに言ってくるくらいです。いつ大統領から降りるのか。年金はいつになったら上げてくれるのかと聞かれることもあります。まあ、自分が言いたいことを言ってくるわけです。ただ、どんなことばにも善意をもって対応するようにしています。それ以外にどんな方法があるでしょうか。自分から悪態をついたりはしません。悪意が自分に向けられている時でも、なんとかポジティブな空気にするように心がけています。そういう性格なんです。

よく「なぜプーチンの宣伝をして、彼の好感度をあげるような真似をしているのか」とか「やつはこの国と自分たちの為に何もしてくれなかったじゃないか」とかいうことを言われます。そんな時、私はこんな風に答えることにしています。「時間がたてば、彼が何をやって、何をやらなかったのか分かるようになるんじゃないでしょうか」私は単なるパフォーマーではありません。パフォーマーであることに加えて、さらにちょっとした何かなのです。なぜなら人々は私とプーチンを強く結び付けて考えているからです。他のパフォーマーは様々なキャラクターを使い分けますが、彼ら自身とそのキャラクターが結び付くことは稀でしょう。私の役はひとつです。私はただ一人の人間を演じる俳優なのです。

私は教育学を含む2つの大学の学位と、医療を含む2つのカレッジの学位を持っています。リハビリテーション、教育、体育教師、エコノミスト、財務管理、これらの資格は正直あまり役に立ちませんでした。

なにもなければ、赤の広場に11時までに出勤し、夜の7時ころまで居ます。就業時間ががあるわけではないので、時間が前後することはあります。だいたいスターリンと組んで仕事をします。彼は私よりもこの仕事を長くやっています。とてもいい友達なんです。スターリンのキャラは人気で、今広場にはたくさんのスターリン(6,7人くらい)が居ます。だから、僕らは仕事がうまくいくように、お互いによく助け合っているんです。でも彼はその中でも一番そっくりだと思います。プーチンも人気があります。プーチンとスターリン、人気者同士でタッグを組んでいるわけです。私は彼と仕事をするのが好きだし、彼も僕と組んで仕事をするのを気に入ってくれています。一緒に仕事をした方が楽しいですもんね。

ただ、もうこの商売からは足を洗うことに決めたんです。うちには子供が4人います。一番上が24で、一番下は3つです。以前は家族一緒にモスクワに住んでいたんですが、今年の12月にノボシビルスクに帰っていきました。私はいつも忙しくしていて、嫁は子供たちとここに居るのがつらくなってしまったんです。この仕事は経済的な安定を約束してくれませんから、これで家族を養うのは簡単ではありません。私は、彼に似ているという事実を、ある種の使命のように感じています。ただ、それをどう扱えばいいのか、ただ忘れ去ってしまうべきなのか、私にはまだよく分かりません。長い間、私はプーチンというイメージを気品をもってどうにか演じてきました。ただ、手を貸してくれる人は現れませんでした。